Skip to content

runtheean

帯状疱疹について

帯状疱疹という病名は耳にされたことがある方も多いのではないでしょうか。

しかしながら、具体的な病気の内容について分からない方もまた多いでしょう。

ここで帯状疱疹についてお話して行きたいと思います。

この病気は、子供の頃に感染した水痘や帯状疱疹のウイルスが大人になり再び活性化して引き起こされる病気です。

水痘に関しては、1度わずらってしまうと治らないといわれています。

実際に、治癒したとしてもウイルスそのものは知覚神経の中に潜んでいるのです。

原因については、先にも少し触れましたが幼少期などに感染した水疱瘡のウイルスなどが知覚神経の神経節と呼ばれるところに潜んでいるからなんです。

なぜ、これが表に出てきてしまうのかというと過労やストレスなどにより免疫力が低下すること。

これによって、再びウイルスが活性化して帯状疱疹を引き起こしてしまうのです。

また、ストレスばかりではなく風邪などの病気によって免疫力が低下した時にも見られることがあります。

症状ですが、赤い水泡と激しい痛みを感じることが多いでしょう。

その痛みは、神経痛のようなピリピリとしたものであることが大半です。

発症部位ですが、顔面や首・胸や背中・腹部・手足など知覚神経が通っているところであれば、発疹が出てしまうのです。

治療に関しては、内服薬の投与が中心となります。

ウイルスの増殖を抑え痛みを緩和するものに有効だといわれている抗ウイルス剤などを服用します。

しかし、この治療法は発症後の早い段階でないと効果が期待できないという特徴がありますので、発疹が見られたら直ぐに病院を受診することが大切になってきます。

仮に放置をしていても自然治癒が可能な病気ではあるのですが、ケースによっては神経痛といった後遺症が残ってしまうというケースもあります。

確率としては低いものですが、その可能性はありますので自然治癒という方法はオススメできません。

痛みが伴いますので、発見もしやすいかと思います。

ビダール苔癬について

ビダール苔癬という病名をあまり普段の生活で耳にする事は無いかも知れません。

しかし、その症状などを知るとピンと来る方も多いのではないでしょうか。

ビダール苔癬とは、何らかの要因で強い丘疹が出来てしまう病気です。

この病気の特徴の1つに、かくほどによって状態が悪化して慢性化してしまうところにあります。

更には、皮膚が厚みを帯びてその程度が広がってしまうのです。

では、原因はどのようなところにあるのでしょうか。

原因として考えられるのが「外的な刺激」です。

例えば、衣服の繊維や金属・シャンプーや毛染め・整髪料などに含まれている化学物質です。

これが刺激となり、かゆみを覚えてしまうのです。

また、透析を受けている方ですとか、糖尿病の方も起こる可能性があります。

上半身中心に出来ることが多いようですが、その限りではなく全身に広がることもあるのです。

症状についてですが、一番はやはり強いかゆみを伴う丘疹が出来ることです。

かいてしまうことを繰り返すと、その部分が硬く盛り上がった状態になります。

発疹が出来やすい部分ですが、うなじ・腕・陰部・大腿部なのどの他にも、生殖器ですとか瞼に出来てしまうこともあります。

こうして発疹部位を見てみるとお分かりかと思いますが、必ずしも皮膚組織が薄いところばかりではないのです。

具体的な治療方法ですが、刺激となっている物質を避けることです。

衣類などは柔らかく自然素材のものを中心に選んでこととなります。

刺激の原因となるものを取り除くことで、再発の可能性も低くなるのです。

出来てしまった発疹にたいしては、薬物療法を取り入れて治療していきます。

副腎皮質ホルモン剤などが中心に処方されますが、使用が長くなってしまうと逆効果が現れてしまう為にある一定期間を利用するという形になるでしょう。

また、かゆみなどにたいして内服薬などで取り除く・軽減するという場合もあります。

こうした刺激になりやすい物質を血液検査などで知ることもできますから、事前に検査をして把握しておくというのも良いでしょう。

脂漏性皮膚炎について

脂漏性皮膚炎とは、何らかの要因で皮膚の分泌機能が犯されて皮膚が赤くなってしまう病気です。

赤くなるばかりではなく、皮がむけてしまう場合も。

時折耳にする「ふけ症」などというものは、たいていこの病気が原因となっている場合が多いんです。

では脂漏性皮膚炎の原因というものはどこにあるのでしょうか。

はっきりとした原因は明らかにされていません。

しかし、関係しているものについては明らかにされています。

先ずは脂質の代謝異常。
そして皮膚表面の真菌の感染などが関係していると言われているんです。

こうしたものばかりではなく、ストレスなども大きく関係しているともまた言われています。

状態が悪化する場合にストレスが深く関わっているケースが多いのです。

症状についてですが、はっきりとした赤い斑点が出来るのが目視できる大きな特徴です。

そして皮膚が剥がれ落ちる為に「落屑」とよばれるふけのように皮膚が剥がれ落ちてしまうのです。

場合によっては、かゆみなどを感じる場合もあるでしょう。

湿疹が起こりやすい部分についてですが、東部や顔、更には胸や脇の下などに見られることが多いようですがその限りではなく、全身に渡って症状が出てしまう場合もあります。

治療方法は、皮膚を清潔に保つこと。
そして刺激をしないことが大切になってきます。

清潔にというと、入浴時に石鹸やシャンプーなどでごしごしと洗う方もいらっしゃるでしょう。

先にも触れましたが、ふけのように見えてしまうというところから、このような洗い方をする場合も多いようなんです。

しかし、こうした石鹸類が刺激となり、更に状態を悪化させてしまう危険性も。

ですから、刺激の少ないものなどをチョイスすると良いでしょう。

また、出来ればかゆみがあってもかきむしらない事が大切です。

服地船皮質ホルモンやビタミンの内服・抗真菌薬などを使用することで状態が沈静化することも。

かゆみが強い場合などは、それに対処できる薬を処方されることもあるでしょう。

爪囲炎について

爪囲炎という病気をご存知でしょうか。

病名だけですと、認知度というものが低いようにも感じますが、具体的な症状を知るとお分かりになられる方も多い病気であると思います。

爪囲炎は、何らかの要因で、爪の周囲の皮膚組織が炎症を起こしてしまうのです。

このことで、赤くなったり腫れてしまったりと言う病気なのです。

では、爪囲炎の原因というものはどこにあるのでしょうか。

まずは、黄色ブドウ球菌や連鎖球菌などが爪の周囲から感染してしまうこと。

切り傷やささくれなどが出ている場合は、感染してしまう可能性が高いのです。

また、薬品や潜在などの刺激からおこる「接触性皮膚炎」というものが牽引となることも。

爪囲炎には症状はあるのでしょうか。

赤くなり腫れや化膿などのといったものが伴うのです。

爪そのものはは、厚みを帯びて灰白色に濁ったような変色を起こすのも特徴の1つです。

また、カビの一種でもある「カンジダ」によるものも。

爪と皮膚の間で増殖してしまい、押すと痛みを感じることも。

カンジダの場合は、爪が黄白色になります。
治りにくい病気の1つともいわれていますので、異変を感じたら直ぐに病院を受診されることをオススメします。

治りにくいと記しましたが、もちろん治療方法と言うものは存在しています。

適切な治療を行う為に最近の種類を特定し、それにあった治療を行います。

カンジダの場合ですと、抗真菌約や抗生物質の内服薬や外用薬を使って治療を行うことが多いでしょう。

また、ウイルス感染に対しては、抗ウイルス薬を使うことが多いようです。

湿疹などがみられることもありますので、そのような場合には副腎皮質ホルモンの外用薬で湿疹を軽減していきます。

化膿状態が酷い場合ですと、膿を出す必要性が出てきます。

ですから、切開手術を行うことが多いでしょう。

手術ではありますが、外来で行えるものですので入院などといったものは必要ではありません。

洗剤などの自分に合わないものは選ばない・自然のものをチョイスする・手袋を着用するなどというところで予防できるものもありますので日常生活で気にかけておくと良いかもしれません。