脂漏性皮膚炎とは、何らかの要因で皮膚の分泌機能が犯されて皮膚が赤くなってしまう病気です。

赤くなるばかりではなく、皮がむけてしまう場合も。

時折耳にする「ふけ症」などというものは、たいていこの病気が原因となっている場合が多いんです。

では脂漏性皮膚炎の原因というものはどこにあるのでしょうか。

はっきりとした原因は明らかにされていません。

しかし、関係しているものについては明らかにされています。

先ずは脂質の代謝異常。
そして皮膚表面の真菌の感染などが関係していると言われているんです。

こうしたものばかりではなく、ストレスなども大きく関係しているともまた言われています。

状態が悪化する場合にストレスが深く関わっているケースが多いのです。

症状についてですが、はっきりとした赤い斑点が出来るのが目視できる大きな特徴です。

そして皮膚が剥がれ落ちる為に「落屑」とよばれるふけのように皮膚が剥がれ落ちてしまうのです。

場合によっては、かゆみなどを感じる場合もあるでしょう。

湿疹が起こりやすい部分についてですが、東部や顔、更には胸や脇の下などに見られることが多いようですがその限りではなく、全身に渡って症状が出てしまう場合もあります。

治療方法は、皮膚を清潔に保つこと。
そして刺激をしないことが大切になってきます。

清潔にというと、入浴時に石鹸やシャンプーなどでごしごしと洗う方もいらっしゃるでしょう。

先にも触れましたが、ふけのように見えてしまうというところから、このような洗い方をする場合も多いようなんです。

しかし、こうした石鹸類が刺激となり、更に状態を悪化させてしまう危険性も。

ですから、刺激の少ないものなどをチョイスすると良いでしょう。

また、出来ればかゆみがあってもかきむしらない事が大切です。

服地船皮質ホルモンやビタミンの内服・抗真菌薬などを使用することで状態が沈静化することも。

かゆみが強い場合などは、それに対処できる薬を処方されることもあるでしょう。