帯状疱疹という病名は耳にされたことがある方も多いのではないでしょうか。

しかしながら、具体的な病気の内容について分からない方もまた多いでしょう。

ここで帯状疱疹についてお話して行きたいと思います。

この病気は、子供の頃に感染した水痘や帯状疱疹のウイルスが大人になり再び活性化して引き起こされる病気です。

水痘に関しては、1度わずらってしまうと治らないといわれています。

実際に、治癒したとしてもウイルスそのものは知覚神経の中に潜んでいるのです。

原因については、先にも少し触れましたが幼少期などに感染した水疱瘡のウイルスなどが知覚神経の神経節と呼ばれるところに潜んでいるからなんです。

なぜ、これが表に出てきてしまうのかというと過労やストレスなどにより免疫力が低下すること。

これによって、再びウイルスが活性化して帯状疱疹を引き起こしてしまうのです。

また、ストレスばかりではなく風邪などの病気によって免疫力が低下した時にも見られることがあります。

症状ですが、赤い水泡と激しい痛みを感じることが多いでしょう。

その痛みは、神経痛のようなピリピリとしたものであることが大半です。

発症部位ですが、顔面や首・胸や背中・腹部・手足など知覚神経が通っているところであれば、発疹が出てしまうのです。

治療に関しては、内服薬の投与が中心となります。

ウイルスの増殖を抑え痛みを緩和するものに有効だといわれている抗ウイルス剤などを服用します。

しかし、この治療法は発症後の早い段階でないと効果が期待できないという特徴がありますので、発疹が見られたら直ぐに病院を受診することが大切になってきます。

仮に放置をしていても自然治癒が可能な病気ではあるのですが、ケースによっては神経痛といった後遺症が残ってしまうというケースもあります。

確率としては低いものですが、その可能性はありますので自然治癒という方法はオススメできません。

痛みが伴いますので、発見もしやすいかと思います。